お気に入りの時計

まだ旦那と結婚する前、付き合って初めてのクリスマスプレゼントにもらった手巻き式の時計。
真鍮でできたアンティーク感と、斬新なデザインがすごく気に入って、他にもたくさん時計を持っているにもかかわらずその時計ばっかり使ってきました。
そんなこともあってなのが、今日いつものように時計を使おうとネジを巻いて動かそうとしたら…ネジが巻けない。
どうやら壊れてしまったようです。
わざわざ吉祥寺まで行って、私好みのアトリエで買ってきてくれたものなので、わざわざお店へ出向いて直してもらうには東京まで行かなくてはなりません。
まだ2ヶ月の下の娘もいるので、東京まで行くには少し気合いが必要なのでまだ厳しいかなぁ…
でも、早く時計を直したいという気持ちもあります。
郵送でもいいのでしょうが、直った時計を送ってもらうのはともかく、直してもらうときには直接お話がしたいので、東京に行ける機会を待って持って行こうかなと思います。
学生時代は、携帯電話があるから時計なんて必要なし!という感覚でしたが、社会人になった今は時計は手放せないアイテムだなと思います。
私にとっては、アクセサリーのひとつという感覚もありますね。
ピアス・指輪・時計、この3つは自分にとって欠かせないアイテムだなと思います。
今では3つ共、旦那がプレゼントしてくれたものを身につけていますが…大切な人がくれたお気に入りの物なので大事にしていきたいです。

ついに一年!

昨年、旦那さんからクリスマスプレゼントに何が欲しいかと聞かれ、プレゼントはいらないからピアスを開けたいと頼んでから一年が経ちました。
ピアスといっても、耳たぶにではなく軟骨部分に開けたかったことと、開けたい部分がトラガスだったことで、お店で開けてもらったのですが、やはりプロにお任せするとホールの状態もいいですね。
初めてピアスホールを開けたのは大学生の頃でしたが、無知だった私はピアッサーで開けてしまいました。
ピアッサーではなくニードルで開けた方がいいと知ったのは社会人になってからです。
お店でニードルで開けてもらったホールの方がキレイだし、アフターケアの仕方も教えてもらえたので特にトラブルもなく、ピアッサーで開けたことを心底後悔しました。
トラガスに開けたホールは約1年ほどで安定してくると聞いていたので、そろそろファーストピアスから好きなものに変えようと、早速いろいろなサイトをチェック。
でも今つけているファーストピアスのデザインが結構気に入っているので、その上をいくものがなかなか見つかりません。
しかも、アラサーなので安っぽいピアスは嫌だとなると、更に選択の幅が狭まります。
結局、ホールを開けてもらったピアススタジオへ行って新しいものを購入してきました。
新しいピアスで気持ちも一新です。

保湿、保湿、保湿!!!

お風呂上がりにはクリームを塗ることを欠かさない娘。
私が化粧水をつけたり、ボディクリームを塗っていると、「私も!」とやりたがります。
今までは自分に塗って満足していたのですが、ここ最近はおせっかいにも人に塗りたがるようになりました。
生まれて2ヶ月になる下の子は乳児湿疹がひどかったこともあり、治った今でも保湿は欠かさないようにしています。
なので、お風呂上がりには桃の葉ローションやワセリンを塗ったりしているのですが…その作業をしていると必ずといっていいほどお節介焼きな上の娘がやってきて、私もやるんだと言ってきます。
その気持ちは嬉しいのでお願いしたいところなのですが、何せ塗り方が激しいのでちょっと心配なんですよね。
最初にお願いしたときは、髪の毛に塗ってましたからねぇ。
洗った意味は?!って感じでした。
今日もこっそりと下の子の保湿作業していたら、やっぱり上の娘が登場!
私も~!と言ってきたので、お願いしてみました。
そ~っとね、と言うと、それなりに優しめにやってくれたので大丈夫かな?と思いきや、最終的には雑にやってくれたので下の子は号泣。
それを見て、「泣かないよ!」と叱るお姉ちゃん。
次女は強く育ちそうです。

お気に入りのブランコ

ここ最近、娘は公園に行くと決まってブランコに乗りたがります。
前からブランコが好きなんだなぁと思ってはいたのですが、更に好き具合が増してきたようです。
1歳くらいでまだ上手にブランコが乗れなかったときは、自宅から15分くらい歩いたところにある公園のブランコに乗りに行っていました。
そこのブランコは保育園にあるような、小さい子が乗っても落ちないようなスポッと体がはまるタイプのブランコだったので安心して乗せることができるんです。
2歳になった今では、まだ漕ぐことはできないものの普通のブランコには乗れるようになったので、家から一番近い公園のブランコで充分!
一度乗ると、30分は乗っています。
まだ自分では漕げないので私が押す形ですが、それなりに勢いをつけても大丈夫なようになってきました。
今日は、近場の公園ではなく、車に乗って少し離れた広場へ行ってきました。
変わった遊具が多い広場で、ここには4種類のブランコがあります。
その中に、横に並んで2人乗りができるブランコがあるので、娘と並んで乗ってみました。
これだと私がブランコを漕いであげることもでき、楽しさを共有することもできるので、すごくいいなぁと思います。
娘も気に入ってくれたようなので、また時間があるときに行ってみようと思います。

外面の良さは日本一!

2歳になり、俗に言うイヤイヤ期の真っ只中の娘。
いっちょまえに自己主張もするようになってきて、気に入らないときはひっくり返って泣くこともあります。
家の中ならいいのですが、外でやられるのは少々恥ずかしいものですね。
おまけに、「~ない!」ということが増えてきて、食べない・帰らない・しない!といったようなわがままも言うようになってきました。
「帰らない!」と言われたら、「そうですか~。じゃあ母ちゃんはお先に!」と帰るそぶりを見せたいのですが、我が家は駅の近くに住んでいるので、お出かけする場所はたいてい街中。
人通りや交通量が多いので、娘をほったらかしにするのは難しい環境です。
実感のある田舎ならそんな心配もないんですけどねぇ。
私もよく外に締め出されたりしてましたよ。
そんなイヤイヤ怪獣を連れて、外へ出かけるのは戦争のようです。
今日も、散歩に行こうとしたらお気に入りの靴がまだ乾いていなくて履けなかったのが気に入らず、マンションのエレベーター前で号泣。
こりゃダメかなぁ…と思っていた、次の瞬間。
エレベーターから隣に住んでいるご夫婦が降りてきました。
それに気づいた娘はピタッと泣き止み、さっと立ち上がって、「こんにちは~!」と挨拶。
いい子だねぇと言われ、嬉しそうにバイバイと手を振ってエレベーターに乗り込みました。
びっくりするほどの切り替えの早さ。
外面の良さは天下一品です。